公益社団法人 全日本鍼灸マッサージ師会ロゴ
会員専用ページへ(専用のIDとパスワードが必要です)
全鍼師会について
ごあいさつ
全鍼師会沿革
全鍼師会役員名簿
全鍼師会組織図
会館のご案内
お問い合わせ
都道府県師会日本地図イラスト表示
都道府県師会一覧テキスト表示
国家資格について
健康つくりのススメ
事務局より
事業報告
東洋療法推進大会
地域健康つくり指導者研修会
スポーツ鍼灸マッサージ指導者育成講習会
温泉とはりきゅうマッサージで健康つくり講演会
安心の雑学
メディアニュース
保健について
入会案内
リンク
個人情報保護法について
温泉とはりきゅうマッサージで健康つくり講演会
第2回(神奈川開催)講演会報告(2012年2月)
第2回(神奈川開催)講演会報告(2012年2月)
 2月26日、第2回となる「温泉とはりきゅうマッサージで健康つくり講演会」が神奈川県横浜市ホテルキャメロットジャパンを会場に開催された。参加者は52名(一般10名含む)。
 第1部の「温泉医学論」では温泉教授で有名な松田忠徳教授(札幌国際大学観光学部)を迎え、免疫力・自然治癒力を強化する温泉予防医学について講演をいただいた。まず世界で温泉は一般的な医療として保険適用の治療法であると紹介された。日本は大衆文化の中で庶民が気軽に利用できる温泉として親しまれているが、諸外国では温泉を治療施設(スパ・SPA)として捉えているという点にまずは気づいていただきたい。日本でも古来より、湯治として温泉地で湯につかり心身の疲れを癒やす養生法が長年親しまれてきた。こうした湯治の文化は西洋医学の発達により、軽視され、温泉地は観光化し温泉そのものも、その効力を失いつつあるのが現状であると説明された。観光という視点から言うと海外からの観光客の目的の第1位が「温泉」、続いて「買い物」「観光」となる。温泉が医療として定着している海外の観光客が、果たして現在の日本の温泉を見てどう感じるのか、よく考えていただきたいと締めくくった。
 シンポジウムでは温泉への理解を深めるとともに「スパ(SPA)とは何か?」について北川毅スパ事業委員より、治療施設としての呼称であるスパについて説明があった。温泉同様に公式な医療国家資格を持つ者が運営する海外のスパと違い、日本ではリラクゼーションという曖昧な分野でスパというジャンルが形成されている。まずはスパ・SPA=治療施設という認識を持ち、鍼灸マッサージが予防医学の本流として、こうした分野の正常化へ着手すべきであり、そのためのマンパワーの養成が必要不可欠であると話した。
 スパ事業委員会では温泉とスパでの鍼灸マッサージの職域拡大のための施策を講じていくこととし、育成講習会や認定制度、普及啓発のための講演など実施していきたいと考えている。(報告:笹川隆人)
 
第1回(北海道開催)講習会報告(2011年2月)
第1回(北海道開催)講習会報告(2011年2月)
 「第1回温泉とはり、きゅう、マッサージで健康つくり講演会」が2月27日、北海道札幌市のアートホテルズ札幌を会場に開催された。参加者は105名(一般市民82名)。
 第1部は札幌国際大学観光学部の松田 忠徳(まつだただのり)教授より講演があり、源泉かけ流しの温泉の優れた効能と沸かし直しの温泉や家庭湯の危険性、また塩素消毒による身体への影響を指摘し、西洋医学に頼るだけではなく「病気にならない健康な身体」を得る方法として、日本古来の「湯治」により免疫力・自然治癒力を強化する温泉予防医学の必要性を提唱した。第2部では「温泉とはり、きゅう、マッサージで健康つくり」と題して全鍼師会の山田 真以知観光地部長が鍼灸マッサージ治療の適応や東洋医学の治癒に至るメカニズムなど、分かりやすく解説。第3部ではシンポジウムがおこなわれ、山田観光地部長を座長に、松田教授、笹川 隆人全鍼師会事業局長、浜田 郁夫北海道鍼灸マッサージ師会会長をシンポジストに温泉と鍼灸マッサージの効果的な利用法について話し合われた。松田教授は源泉かけ流しにこだわりつつも、日常的な対応として家庭湯の入浴方法などを改善し、今よりワンランク上の予防法を意識すること、また国の膨大な医療費を抑制するには温泉と鍼灸マッサージを有効活用するべきであると指摘した。
 後半は一般参加者を交えた質疑応答がおこなわれ、温泉と鍼灸マッサージを効率よく利用するための正しい知識の普及と治療を意識した湯治場の整備が重要だと感じた。(報告:笹川 隆人)
 
 
公益社団法人 全日本鍼灸マッサージ師会
〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目12-17 TEL:03-3359-6049 FAX:03-3359-2023
 
このサイト内における文章・画像・写真等の著作権は、すべて公益社団法人全日本鍼灸マッサージ師会に帰属します。
無断使用は固く禁止いたします。
別ウィンドウでの他リンクサイトにつきまして、音声パソコンでの検証は未確認ですので、
ご了承の程よろしくお願い申し上げます。