公益社団法人 全日本鍼灸マッサージ師会ロゴ
会員専用ページへ(専用のIDとパスワードが必要です)
全鍼師会について
ごあいさつ
全鍼師会沿革
全鍼師会役員名簿
全鍼師会組織図
会館のご案内
お問い合わせ
都道府県師会日本地図イラスト表示
都道府県師会一覧テキスト表示
国家資格について
健康つくりのススメ
事務局より
事業報告
東洋療法推進大会
地域健康つくり指導者研修会
スポーツ鍼灸マッサージ指導者育成講習会
温泉とはりきゅうマッサージで健康つくり講演会
安心の雑学
メディアニュース
保健について
入会案内
リンク
個人情報保護法について
地域健康つくり指導者研修会
第1回「地域健康つくり指導者研修会」part1 開催
鍼灸マッサージ師のさらなる地域貢献を目指す
介護予防の担い手は我らなり
 平成19年9月23・24の両日、東京の晴海グランドホテルにおいて介護事業推進委員会の「第1回地域健康つくり指導者研修会」がおこなわれた。各師会1〜2名限定で集まった受講者は31師会から51名。この研修会は、これまで同委員会が神奈川県師会学術部介護予防研究委員会と連携し、プログラムを練り上げてきたもの。今後、会員が各市町村単位で地域支援事業参入を目指すためのノウハウを提供するとともに、その指導者の育成を目的とする。あくまで鍼灸マッサージ師がおこなう健康つくりにこだわり、「介護予防=未病治」の視点から、東洋医学に立脚した養生法、運動処方を含んだカリキュラムを特徴とする。
 初日は、横浜掖済会病院整形外科医師 橋本 吉登(はしもと よしと)先生の「高齢者の特徴・リスク管理」と題する講演。介護事業推進委員による「制度説明・参入方法・事例報告」の講義、並びに「具体的流れ・リスク管理・評価の実際・経絡ストレッチ」の実技研修をおこなった。
 翌日のチェアエクササイズ・フロアーエクササイズはすべて実技。その後、AED(自動体外式除細動器)使用説明・実技のあと、「ロールプレイ」をおこなって第1回目の研修を終えた。
 次回は、12月23日(日)、24日(祝日)の開催。次回の研修会と併せて受講すると修了証が授与される。
 (報告:丸山 芳也)
健康つくり 実習風景
 
第1回「地域健康つくり指導者」part2 研修会
初の修了者誕生!
 平成19年12月23・24の両日、晴海グランドホテルを会場に「第1回地域健康つくり指導者研修会」part2がおこなわれ、9月の初回研修並びに今回の研修会参加者には杉田会長から修了証が授与された。
 今回のプログラムは、1)現状報告と今後の取り組み、2)リスク管理と「経絡ストレッチ演習」、3)「東洋医学講座」プレゼンテーションの基本技術、4)チェアーエクササイズ(グループによるロールプレイ)、5)今後の取り組み方(ブロック毎の討議と全体発表)等々。会場は終始熱気に溢れ充実した研修会になった。 
 今後、きめ細かい情報のやり取りが可能なネットワークづくりを目指し、全国を5つのブロックに分けそれぞれの代表者を選任した。できれば今後は、理事会の承認を得て、第1回研修会に参加できなかった師会に対し、参加を要請し、再度、初心者研修会を開催したい。また、今回の修了者に対するレベルアップ研修会も並行して開催したいと考えている。今回、諸々の事情で参加できなかった師会には、是非、今後の会員派遣について前向きなご検討をいただきたい。
 (報告:丸山 芳也)
健康つくり 修了証書授与風景
 
第2回「地域健康つくり指導者研修会」part1 開催
地域の「健康つくり運動」の要に
 平成20年6月15・16の両日、東京晴海グランドホテルを会場に「第2回地域健康つくり指導者研修会」が開催された。今回は、昨年の第1回研修会修了者を対象としたステップアップ研修(参加者20名)と初心者研修(参加者24名)が並行して開催された。
 初心者研修では、「高齢者の特徴・リスク管理」「制度説明・参入方法・事例報告」「具体的流れ・評価の実際」「経絡ストレッチ・チェアエクササイズ・フロアエクササイズ」など多彩なプログラムが目白押しだった。また、ステップアップ研修では、「健康つくり教室」の流れに基づく実践的プログラムにほとんどの時間を費やした。
 今回は新たな企画として、奈良気功教室の尾西 勝(おにし まさる)先生(全鍼師会会員)を講師に迎え、東洋医学的心身鍛練法である「気功養生法」の理論と実技を学んだ。参加者からは、「これは(実践で)使える」との声が高く、次回12月21・22日の研修会でのさらに踏み込んだ実技指導に期待が集まっている。
 この研修会が、鍼灸マッサージ師が地域の健康つくり運動あるいは介護予防事業に参画できる道筋をつける意味で、きわめて有効な試みであることを再確認した2日間であった。
 (報告:丸山 芳也)
健康つくり 実習風景
 
第2回「地域健康つくり指導者研修会」part2 開催
「治療院で介護予防」が現実味
 平成20年12月21・22の両日、東京晴海グランドホテルにおいて、「第2回地域健康つくり指導者研修会 part2」がおこなわれた。今回は、6月15・16日に開催された初回研修とセットでおこなわれる研修会の最終回。昨年度に引き続き2回目の開催となる。
 集まった全国26師会の受講者は、介護事業推進委員会が提供する実践的プログラムを次々と消化し、会場には終始大きな歓声が溢れ、上気した参加者の笑顔が印象的な研修会となった。
 この研修会は、全国の市町村単位でおこなわれている地域支援事業に鍼灸マッサージ師が積極的に参入するためのノウハウを提供するとともに、各師会ごとにその指導者の育成を図る事を目的とする。
 地域支援事業とは、地域の65歳以上の高齢者が、要支援認定・要介護認定状態にならないよう市町村が自らの財源で進める事業。希望者全員を対象とする「一般高齢者施策」と市町村が虚弱(ハイリスク)高齢者と認めた方を対象とする「特定高齢者施策」の二つがある。私達が目指すのは、これら一般並びに特定高齢者施策を市町村から受託して、例えば地域の公民館や体育館あるいは治療院を利用して「転倒予防教室」や「健康つくり教室」などを開催する業務。
 当日の情報交換では、師会会員の治療院を通所型介護予防事業実施機関として自治体に登録し、地域支援事業の委託を受けている事例も発表され、目標である「治療院で介護予防」の夢が現実味を帯びて来たことが実感された。
 なお、今年度の研修会修了者名簿は、全鍼師会HPに掲載されているのでご参照ください。
 (報告:丸山 芳也)
 
 
公益社団法人 全日本鍼灸マッサージ師会
〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目12-17 TEL:03-3359-6049 FAX:03-3359-2023
 
このサイト内における文章・画像・写真等の著作権は、すべて公益社団法人全日本鍼灸マッサージ師会に帰属します。
無断使用は固く禁止いたします。
別ウィンドウでの他リンクサイトにつきまして、音声パソコンでの検証は未確認ですので、
ご了承の程よろしくお願い申し上げます。